水曜日, 4月 1, 2020
enesjakozh
Home / 香港の屋台の食べ物 / すごい 路上レストラン, 愛文生 大排檔 – 香港の屋台の食べ物

すごい 路上レストラン, 愛文生 大排檔 – 香港の屋台の食べ物

香港の深水埗(Sham Shui Po)地域は、華やかさとは多少距離がある昔のものが多く残っている町ですが。だから安くておいしいグルメも多いようです。自由旅行の醍醐味の一つは、このような地元の人々が多く訪れる現地の雰囲気漂うローカルレストランに行くのです。

香港のSham Shui Po地区にある大排檔(Dai pai dong)愛文生(Oi Man Sang)はこの町ではかなり有名なお店です。キッチンの距離にあり、座席も距離ますよ。店が路上のみいるのがなく建物の1階数箇所も苦労ムンセン桁が多占めますね。お金をたくさん儲けて拡張たのがないかと思います。

Oi Man Sangはベクジョンウォンの「ストリートフードファイター」、香港の方にも紹介された店ですが。ベクジョンウォンが牛肉、ジャガイモ炒めを食べておいしいと感嘆しましたね。

ここでは、香港のいくつかの場所残らない大排檔(Dai pai dong)のいずれかです。ダイパイ棟は、1950年代から生まれた夜に開かれる屋台のような形の露天食堂レストランを言うんです。オックスフォード英語辞典にも登載されることもしたし、香港文化の貴重な遺産の一つとして評価されています。

ダイパイ同文化を体験する絶好の場所に地元の人々が多く訪れる場所です。お客様があまりにも多く、桁がない待機をしたりするが、回転率が良くそれほど長く待つはありません。金曜日や週末であれば、もう少し待つはでしょう。

働かれる方が多役割が分担されています。シーフード材料を手入れする方、野菜類を手入れする方、ウォークで熱心に調理する分、お店で注文されてCCTVで空席確認の方、食品ナルシは分等

特に路上にそのまま露出されているキッチンで鍋で調理する場面は非常に見る楽しみがありました。 30分あのも魂があるから抜け出すようだ、めちゃくちゃ速い速度で精神なしに押された注文を処理する姿が非常に印象的でした。愛文生(Oi Man Sang)は完全現地の雰囲気に溢れていました。

私たちは、チャーハン、マトジョゲ炒め物、牛肉、ジャガイモ炒め。このように、3つのメニューとビールを注文したんです。私は3人とも非常に美味しかったです。特に!牛肉ジャガイモ炒め(黑椒薯仔牛柳粒)の味が本当に芸術でした。ビールと一緒食べる非常に良い味イオトグヨ。

香港の自由旅行に行く明らかレストランず大排檔(Dai pai dong)で現地の雰囲気が正しく楽しみたい方に「Oi Man Sang」を強くお勧めします。

香港のSham Shui Po地区の路上レストランOi Man Sangの料理ビデオを下から見ることができます。

Share This Page

Check Also

マカオの有名なお菓子屋 – フェニックスエッグロール / 鉅記手信 Koi Kei Bakery

香港へ旅行に行くとき、香港の近 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です